五臓六腑とは

東洋医学では体の内臓を五臓六腑で表現します。

五臓は 肝・心・脾・肺・腎

六腑は 胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦

です。

三焦は体の中の隙間で、水分や気が通る通路みたいなものです。

これ以外に心包というものがあり、これは心をガードしている臓腑になります。

肝は肝臓、心は心臓のことを指しますが、それだけではなく

その臓器の働きによって生じる様々な現象も含んでいます。

六腑は中腔性(ちゅうくうせい)の臓器で、飲食物の通り道でそこから栄養分を取り出します。

※胆だけが腑の中で、貯蔵の機能を持っています。

五臓は六腑から取り込んだ栄養分や大気から取り込まれた気をもとにして、気・血・津液(水分)・精を作り出して貯蔵します。

五臓と六腑は密接に繋がり、バランスをとっています。 肝と胆 心と小腸 脾と胃 肺と大腸 腎と膀胱というように、それぞれ対となっており、片方に変調をきたすと、対となっている臓腑も変調をきたします。

  • URLをコピーしました!
目次